Chromecast、ブルーレイディスク、ドルビー!DivX 10.3が登場

DivXソフトウェアの最新版、DivX 10.3をリリースしました。バージョン10.3には3つの主要な新機能があり、オーディオもビデオもさらに楽しめるようになりました。

Chromecastに対応—DivXユーザー待望の新機能!

多数のユーザーの皆様からのご要望にお応えすべく、DivX Media ServerがついにGoogle Castに対応しました。PCやMacにある動画をChromecastにストリーミングして大画面で楽しめます。

Chromecast

DivX Media ServerからChromecastへストリーミングして、テレビの大画面で動画を再生しましょう。パソコンに保存したDivXやMKV、その他の動画*を最大1080pのHD画質でストリーミングすることができます。DivX Playerを起動して「キャスト」を選択し、機器の一覧からChromecastを選ぶだけでストリーミングが始まります。

DivX Playerのライブラリ画面からもこの機能を利用できます。動画の一覧から再生したいタイトルを右クリックして、「ストリーミング送信」からChromecastを選んでください。

Player to Chrome

Chromeブラウザが開き、DivXウィンドウにファイル名が表示されます。Chromecastを利用するには、ChromeブラウザGoogle Cast拡張機能が必要です。操作方法の詳細はこちらのガイドをご覧ください。

*FFmpegをパソコンにインストールすると、HEVCなどのその他の形式もトランスコードしてストリーミングできる場合があります。

Dolby Audio™—DivXソフトウェアの新エディション

DivXソフトウェアのDolby Audio™エディションなら、DivX PlayerとDivX Web Playerで、Dolby® AC-3、Dolby Digital Plusオーディオトラックが再生できます。

Dolbyサードパーティーのフィルタを探したり、Mac用にPerianの代わりを探す必要はもうありません。DivXやMKV、その他の動画ファイルのAC-3オーディオトラック再生に関するお問い合わせを従来からいただいていたため、公式のサポートを提供することになりました。

DivXソフトウェアのDolby Audio™エディションは、動画ファイルのAC-3、Dolby Digital Plusオーディオ再生のためのDolby®による認証を取得しています。WindowsとMacに対応する有料版として提供され、Dolby Audioの没入感の高いサラウンドサウンド機能にネイティブ対応します。さらに詳しい情報と購入方法については、製品情報ページをご覧ください。

Dolby Audio™エディションでは、DivXソフトウェアの通常版とは別のインストールプログラムが提供されます。インストール方法は、購入後に届くメールをご確認ください。

ビデオパック—ブルーレイディスクにさようなら

新しいビデオパックは、従来のDivX Converter用MPEG-2/DVDプラグインにVC-1対応を追加したものです。

Video PackDivX Converterでは、AVCHDコーデックで作成された自作のブルーレイディスクを無料でバックアップできますが、ビデオパックがあればVC-1ファイルも、DivX ConverterでDivX、DivX Plus(H.264/MKV)、DivX HEVC(H.265/MKV)といった高画質のプリセットに変換できるようになります。

無料のDivXソフトウェアには、ビデオパックの15日間の体験版が付属しています。購入後にはシリアル番号を入力するだけで、DivX Converterで自作のDVDとブルーレイディスクのバックアップができるようになります。

注: 旧バージョンのDivXソフトウェア用にMPEG-2プラグインを購入済みの方は、MPEG-2プラグインのシリアル番号を使用して、50%オフでビデオパックにアップグレードできます。

DivXソフトウェアの最新版をダウンロードして、新機能をお楽しみください!

関連記事:

DivX HiQ – ビデオ配信サイトのFlash Playerを置き換えて、高品質なビデオ再生
MKVにおけるDivX HEVCサポート
DivX PlayerでHEVCを再生する