HEVCって何?

HEVC(High Efficiency Video Coding、H.265とも呼ばれる)は、ビデオ圧縮の新しい標準規格で、H.264/MPEG-4 AVC(Advanced Video Coding)の後継です。より効率的かつ経済的に保管、配信できるビデオストリームのエンコード(変換)とデコード(再生)のために、ISO/IEC Moving Picture Experts Group(MPEG)およびITU-T Video Coding Experts Group(VCEG)によって設計されました。端的に言えば、HEVCを利用すると、H.264と同等の画質を約半分のビットレートで実現できるということです。

私たちRoviはすでに、このH.265準拠の規格となる次世代のDivXビデオプロファイルの開発に取り組んでいます(既存のDivXプロファイルについてもご覧ください)。HEVCのソフトウェアへの実装と家電機器メーカーへのライセンスを通じて、HEVCコンテンツの作成ツールと再生のためのDivX認証機器をいち早く提供していきます。

Roviが誇る優秀なコーデックのエキスパート集団であるMainConceptチームの技術を利用することで、商用コンテンツ制作、放送、モバイル、コンシューマー業界の企業は、ビデオやソフトウェア、サービス、機器などを迅速にHEVCに対応させて、優れたビデオ体験を提供できるようになります。

HEVCが実現すること
HEVCによって、現在使われているH.264と同等の画質、そしてさらなる利便性が実現します。中でも、HEVCの新しい圧縮手法によって、画質を維持しながらビデオのファイルサイズをおよそ半分に減らすことができるという点は重要です。コンテンツオーナーはより多くのビデオを保管し、配信、販売事業者はより効率的にネットワークを通じてストリーミングできます。オンラインビデオの爆発的な普及とインターネットに接続できる機器の増加に伴い、あらゆる機器で、質、量ともに充実したビデオエンターテインメントを楽しめるようになるでしょう。

モバイルネットワークを通じてデジタルビデオを配信するコストが下がるので、スマートフォンでビデオの視聴を楽しむ一方でデータ通信料を気にする人々にとっては朗報です。また、機器がHEVCの再生にチップレベルで対応するようになれば、ビデオを再生するのに必要な処理能力は低くなり、バッテリー消費は抑えられ、モバイルビデオ体験は概してよりよいものになります。

要するに、HEVCはビデオの画質を向上し、8K解像度にも対応し、ビデオの圧縮率を2倍にする、もしくは40-50%少ない帯域で今までと同じ画質を実現することができるのです。

DivXとHEVC
私たちがHEVCに関して2013年に計画していることを少しだけお話します。DivX Plusソフトウェアの次のバージョンは、新しいDivX HEVCプロファイルに対応し、とても簡単にビデオをHEVCに変換できるようになります。また、開発者コミュニティがいち早くこの新しいフォーマットでコンテンツ制作をはじめることができるように、いくつかのツールを数ヶ月以内にリリースします。さらに、年内には家電機器メーカーにSDKとして技術をライセンスするとともに、家電機器のためのDivX HEVC認証プログラムを提供する予定です。こうしてDivXは、コンシューマーの皆さまに、HEVCコンテンツの制作ツール、再生機器、そして自宅でも外出先でも楽しめるストリーミング体験をお届けしていきます。

DivX.comTwitterメールニュースFacebookページでお知らせする最新情報をお見逃しなく!

以下の動画では、Roviのプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントであるトーマス・クラマーが、HEVCへの取り組みについて説明します。

ビデオが再生されないときは、DivX Web Player for Windows/Macをインストールしてください。

関連情報

DivX HEVC最新情報をご覧ください。

関連記事:

スペシャルパッケージ入り劇場版スター・トレック
最新Androidデバイス、GALAXY SとGALAXY Tabの動画再生機能を徹底活用 (1) – DivX HDビデオを圧倒的な高画質と高性能で再生
DivX To Goならビデオの変換・転送が簡単、しかも無料!