あなたがDivXを必要とする理由

好きな場所で好きなビデオを楽しむ自由を手にしたいから。

DivX(ディビックス)を必要とする理由―物理ディスクは自由だから好き」と言う人はいないから。先日、ライフハック術のブログメディアである米Lifehackerに、「What’s the Difference Between All These Video Formats, and Which One Should I Use?」という記事が掲載されました(ライフハッカー日本版「ビデオフォーマットってどこがどう違うの?どれを使えばいいの?」)。一般的な人がビデオフォーマットについて知っておくべきこと(そして知らないこと)について整理した、有用な内容を多く含む記事でした。ビデオファイルを圧縮、伸張する必要性、そしてコーデックやコンテナの簡単な歴史について述べ、映画やテレビ番組のリッピングと共有の方策を読者に示しています。

しかし、複雑な物事の単純化においてよくあるように、その記事は一部の側面のみを捉えています――率直に言うと間違っている点もあります。そしてもちろん私たちは、DivXについての誤解に気付きました。

そこで、DivXに関する誤りを正すために、少しばかり書き添えたいと思います。

記事から引用: “(コーデックの)例を挙げると(中略)DivXは、MPEG-4ファイルの一種であり、HDが一般的になる前、DVDのリッピングにしばしは用いられた。

DivX(ディビックス)を必要とする理由―決して機内上映されない「フライング・ハイ(原題: AIRPLANE!)」を見たいから。実際には、2009年からDivX Plusが、最高品質のHDビデオであるH.264と最もよく使われているコンテナであるMKVの作成に対応しています。さらに、フィリップス、LG、パナソニック、シャープ、東芝などの大手メーカーの1,500を超える家電機器がDivX Plus HD認証を取得しており、DivX Plus HDファイル(H.264/MKV)をそれらの機器で再生できるのです。これらの機器には、テレビ、ブルーレイプレーヤー、メディアプレーヤー、スマートフォンなどがあります。

私たちは、Lifehackerの記事で提起されている大きな課題、すなわち「コンシューマーの手を煩わせることなく、その機器でファイルがきれいに再生できること」のために、DivX認証機器の普及に注力しています。

記事から引用: “DivXとXviD(DivXに相当するオープンソース)は、リッピングしたDVDのような標準解像度(SD)ビデオでよく使われるが、もはや新しいものでなく、私ならDVDをリッピングするためにそれらを使うことはないだろう。”

DivX(ディビックス)を必要とする理由―スマートフォンでは、ブルーレイが再生できないから。実際には、DivXは様々なビデオソフトウェアを販売しているものの、DVDをリッピングするソフトウェアはありません。記事の著者は、次のステップ、つまりビデオファイルを家電機器で再生できる形式に変換することを意図しているのかもしれません。画質を維持しながら広く使われているコンテナにビデオを変換する必要がなくなったわけではないようです。DivXは2000年頃から長く使われていますが、ビデオをDivXに変換すれば、高画質かつ小さいファイルサイズになるということは変わりのない利点です。さらにそれは、プレイステーション3を含む、7億5千万台以上が販売されているDivX対応機器の何れでも再生することができるのです。

記事から引用: “MKVの欠点のひとつは、ソフトウェアや再生機器の対応が十分でないことだ。例えばiPad、Apple TV、Xbox 360でビデオを見るには、より広くサポートされているMP4を使うことになるだろう。”

Appleの製品が(残念なことに)MKVに対応していないのは事実ですが、数多くあるDivX Plus HD認証機器(MKVファイルを再生できます)がその不足を補います。なお、iPadやその他のiOSデバイスでDivXビデオを再生することは可能です。3ステップの簡単な手順をご覧ください。

DivX(ディビックス)を必要とする理由―あなたのいとこが、「エイリアン」のDVDを返してくれないから。しかし実際のところ、本当の問題は何なのでしょうか?

重要なのは、私たちが大好きな映画やテレビ番組は、ある意味で囲いに閉じ込められていて、物理的なメディアフォーマットに縛られていたり(「ディスクはどこ?DVDケースに入ってないよ」)、もしくはストリーミングサービスの気まぐれな品揃え(「えっ?Netfilxにはジェームズ・ボンドの映画がひとつもないの?」)に依存しているということです。映画を見たいのに期待を裏切られ、しばしばがっかりさせられることが問題なのです。

DivXは、ビデオをそれらの束縛から解き放ち、映画を高画質で、小さなファイルサイズで、好きなときに好きな場所で楽しむ自由を手にするために作られました。

そしてDivXは、引き続きその自由を提供しています。これがおそらくDivXがTwitterで毎日750回も言及されている理由でしょう。DivXコーデックが映画のオンライン配信に初めて使われてから12年が経つことを考えると悪くない数字なのではないでしょうか。

というわけで、DivXはあなたにとってますます必要なものなのです。

DivXを活用する方法をいくつかご紹介します:

  • 無料のDivX Plus Playerをダウンロード: DivX Plus Playerをインストールすると、.mkv、.divx、.avi、.mp4、.movファイルをパソコンで再生できます。また、それらのファイルをDivX認証機器に転送するのも簡単です。
     
  • DivX再生に対応した家電機器を購入: さまざまなスマートフォン、タブレット、DVDプレーヤー、ブルーレイプレーヤー、テレビなどが、DivX形式のファイル再生テストを経て認証を受けています。家電を購入するときには、機器に付いているDivXロゴをチェックするか、DivX認証機器リストで探してみてください。
     
  • お気に入りの機器がDivXに対応していない場合には: 多くの機器は、毎年、後継製品が発売されます。お気に入りの機器メーカーに、DivXに対応すればもっとよい製品になることを知らせてあげてください。
     
  • DivX形式の映画を購入: 欧米などのオンラインストアではDivX形式のハリウッド映画を販売しています。主なオンラインストアはこちらをご覧ください。

関連記事:

DivX Plus ソフトウェアのオフラインインストール
最新Androidデバイス、GALAXY SとGALAXY Tabの動画再生機能を徹底活用 (1) – DivX HDビデオを圧倒的な高画質と高性能で再生
Samsung GALAXY Noteを2分でレビュー