HTML5デモ

概要 | DivX HiQ | HTML5 | ダウンロードWindows / Mac OS X

HTML5 APIに対応したDivX Plus Web Player 2.1 Betaは、<video>タグとJavaScriptのようなオープンなWeb標準技術を使用して埋め込み、操作することができます。FirefoxやChrome(Internet ExplorerとSafariは将来の正式版で対応予定)といった複数のブラウザで、シームレスな再生体験とカスタムコントロールを備えたDivX、AVI、MKV、MP4、MOVビデオを公開することが可能になります。

これは、ブラウザ拡張によって実現され、ユーザーが有効、無効を切り替えることで既定のHTML5プレーヤーを簡単に選択できます。

DivX Plus Web Player 2.1 HTML5 <video>の特長:

  • H.264ハードウェア再生支援
  • DivX Plus Web Playerのためのカスタムコントロール作成
  • Webページ要素(メタデータ、広告など)との時間ベース、イベントベースのインタラクションが可能
  • 相互運用性(FirefoxでのH.264再生など)

ここをクリックして、HTML5インタラクティブデモページをご覧ください

デモについて

違いを確認するために、複数のWebブラウザでHTML5デモページを試してください。再生できるビデオ形式はブラウザによって異なるため、Google Chromeで再生できるいくつかのビデオは、FirefoxやIEではサポートされていないことが分かります。DivX Plus Web Player 2.1 Betaをインストールしてからデモページに戻り、DivX Plus Web Playerが埋め込まれたHTML5をどのように扱うかを確認してみてください。Webブラウザのアドオン(Firefox)または拡張機能(Chrome)の設定で、HTML5機能を有効または無効にすることもできます。

ブラウザでHTML5を有効または無効にするには:

Chrome:

  • 右上の「レンチ」ボタンをクリックします。
  • [ツール] → [拡張機能]を選択します。
  • 「DivX Plus Web Player HTML <video>」を探してください。

Firefox:

  • 上部のメニューバーにある[ツール]をクリックします。
  • [アドオン]を選択します。
  • [拡張機能]を選択します。
  • 「DivX Plus Web Player HTML <video>」を探してください。

Internet ExplorerおよびSafari – 正式版で対応予定

関連記事:

最新Androidデバイス、GALAXY SとGALAXY Tabの動画再生機能を徹底活用 (1) – DivX HDビデオを圧倒的な高画質と高性能で再生
HEVCって何?
DivX HEVC最新情報