DivX PlusのMKV拡張機能 (1) – World Fonts(最適化された多言語字幕)

コンテンツをMKVで制作する利点のひとつは、異なる地域にいる視聴者があなたの作品を楽しめるように、複数の字幕トラックを含められることです。しかし、多言語字幕の追加に際しては不確実な要素が伴います。例えば、コンテンツの鑑賞に適したフォントを視聴者がインストールしているか、すべての視聴環境において字幕が正しい書式で表示されるか、あなたが含めたすべての言語の表示に対応していないデバイスでファイルを再生するとどうなるかなどです。

DivX PlusがMKVコンテナに提供する拡張機能であるWorld Fontsは、あらゆるプレーヤーが確実にフォントを読み込んで、すべての言語の字幕を表示できるように、適切なTrueTypeフォントをファイルに埋め込みます。特別な最適化手法によってフォントデータのサイズを大幅に削減することで、デスクトッププレーヤーだけでなく、DivX Plus Web Playerやメモリ容量に制約のあるハードウェアデバイスでもフォントを読み込めるようになります。

実際の動作を見る

Blender Foundationの作品であるSintelの予告編をエンコードし、日本語などの東アジア言語を含む4言語の字幕のそれぞれについて、World Fonts拡張機能が有効のものと無効のものを用意しました。World Fontsを含む字幕は、あなたのローカルシステムまたはプレーヤーがその言語をサポートしていなくても正しく表示されます。なお、DivX Web Player 2.0.2ではWorld Fontsの初期実装のみを提供しており、今後さらに最適化されます。

以下の字幕が利用可能です:

  1. フランス語
  2. フランス語(World Fonts有効)
  3. 中国語(現時点では正式サポートされていません)
  4. 中国語(World Fonts有効)
  5. 日本語(現時点では正式サポートされていません)
  6. 日本語(World Fonts有効)
  7. ロシア語
  8. ロシア語(World Fonts有効)

再生中のビデオを右クリックして字幕を選択してください。中国語と日本語は現時点ではDivX Plus Web Playerで正式サポートされていませんが、World Fontsが適用されていると正しく表示されることが確認できます。

ファイルをダウンロードして、DivX Plus Playerで再生することもできます。

続きを読む