“DivX認証デバイス”とは?

DivXではよく「DivX認証デバイス」と言いますが、これについて詳しく説明したいと思います。

デジタルビデオには、有料のハリウッド映画やネット上のビデオ、個人が撮影したビデオなどがあります。これらのビデオのうち、DivX形式のものは、すでに世界で20億を超えており、WindowsやMacのパソコンだけでなく、2億5千万台にのぼるDivXに対応した家電製品で自由に再生することができます。再生機器やそのメーカーに合わせてビデオの形式を変換する必要はありません。SDカードやUSBメモリなどにDivXビデオを保存すれば、家電製品で簡単に楽しむことができます。著作権保護機能にも対応しています。

これら、DivXビデオの再生に対応する家電製品は、その画質や互換性を保証するためのテストプログラムを経て、DivX認証を取得しています。これを「DivX認証デバイス」または「DivX認証機器」と呼びます。

家電製品の購入をご検討の際には、DivX認証ロゴをぜひご確認ください。

DivX認証取得済みデバイスをこちらに掲載しております。

DivXは、高画質を実現するビデオ圧縮技術をご提供するべく尽力してまいりました。そして今日では、DivXの技術はパソコンに留まることなく、リビングルームやモバイルに広がっています。これまでの、「デジタルビデオはパソコンで観る」という常識は、DivXによって変えていきたいと考えます。テレビの大画面で、また移動中のケータイ電話で。DivX認証デバイスによって、時間や場所を問わずビデオを楽しめる、より自由な環境の実現を目指します。

関連記事:

HTML5デモ
iPadでDivXビデオを再生するには
DLNAでタブレットのDivXビデオをテレビで再生